FC2ブログ

処女の女子とドロドロに溶け合うセックス

718 :えっちな18禁さん :2014/09/28(日) 10:48:50.73
ちょっと時間あるので書いてみます。
五年位前の話。
大学受験に二度失敗した俺は親から二浪か就職かを迫られていて、かなり参っていた。
で俺の取った行動は、自分探しの旅(笑)
親は受験を断念したと判断し、ちゃんとしたら(=就職決まったら)連絡よこせ、
とだけ言って支度金の意で三十万くれた。
 
 
 
俺が東京を離れて行った先は北海道の某所。地理的には北海道のほぼ真ん中。極寒の地。
家賃二万程度のアパート借りてバイトを二つ掛け持ちして何と無く生活を始めた。
生活が落ち着くと、少しづつ将来に対する不安が募ってきた。自分探しなんて
単なる現実逃避。俺はまだ若いから、と言いつつ、間も無くハタチになるし。
そんな時に高校を中退してバイト先に来始めたのが雪子という女の子。
色が白くてややポッチャリした大人しい感じの子なので雪子としました。

719 :えっちな18禁さん :2014/09/28(日) 10:53:11.23
少し訳ありの子でね。可愛いのに自分に自信が全く持てないっていつも言っていた。
五歳ほど年上の俺は彼女から見ると頼り甲斐のある兄的な立ち位置らしかった。
もう凄い田舎だからさ、駅前とか何にも無いし、人も全く歩いていないんだよ。
彼女は土地の人で慣れてたけれど、俺は東京からだから、寒くなるに連れて
寂しくなってきてね。一人の夜なんて寂しくて寂しくて、男なのに泣いたこともあった位。



720 :えっちな18禁さん :2014/09/28(日) 11:00:06.88
雪子が兄として慕ってくれてるはずの関係なのに、結局は俺の方が雪子を妹として
頼るという情けない構図が出来上がった。
女って勘が鋭いよね。「佐藤さん、寂しいんでしょ?」てある時いきなり言われて
ドキッとした。全部見透かされてたんだなって。
そこから夕ご飯とか俺の部屋に作りに来てくれる事が多くなっていった。
雪子、正直あんま料理上手くなかったけど、見た目はともかく、味は結構いけた。
この時点では狭い部屋に二人きりになっても全く女として見れなかった。
やっぱ可愛い妹くらい。
それがある日を境に変わった。

721 :えっちな18禁さん :2014/09/28(日) 11:08:10.73
あっちの子って、冬になると皆ブーツを履くんだよね。女子高生なんか制服に
ブーツという東京ではあり得ない格好皆してたな。
ある日バイトに来た雪子を見ると、12月に入っているのに短いスカートだったんだ。
高校の制服だって言ってた。お母さんが雪子の普段着全部洗濯しちゃって
乾かなくて止むを得ず、みたいな感じ。
その時、ブーツとスカートの間の生脚が超色っぽくてさ、結構衝撃的っていうか。
雪子もやっぱ女なんだよなって動揺してしまった。
「雪子って脚綺麗なんだね」て言ったら「目がエロい」て言われた。
でも夕方俺の部屋に来て晩御飯作ってくれてる時に「佐藤さん、こういうの好き?」
なんて聞かれて、「正直雪子を女として意識したことなかったから、
ちょっとドキッとした」て正直に言ったんだ。
そしたら「酷い」とか笑いながら言っててさ、それが凄く可愛くて、やっぱり妹だなって。


723 :えっちな18禁さん :2014/09/28(日) 11:28:39.34
そうしてこの日から少なからず雪子の事を女として意識し出した。
クリスマスの日、雪子普通に俺の部屋に寄ってこようとしてたんで、
さすがに今日は俺の部屋に来てる場合じゃないだろ?て言ったんだけど、
「え?なんで?」みたいな感じでさ、結局いつもの通り晩飯作ってもらった。
お味噌とご飯よそってから帰るんだけど、その日は玄関まで送った時、
少し思わせぶりな感じ?一瞬だけど俺の顔をジッと見てから「じゃあね、また明日ね」
と言った雪子を放って置けなかった。
彼女の腕を掴んだまではいいんだけど、だけど何も言えない情けない俺。
雪子も黙っちゃって、明らかにおかしな雰囲気。

724 :えっちな18禁さん :2014/09/28(日) 11:34:18.59
「今日、イブだよ?雪子、予定あったんじやわないの?」
やっとの思いで口から出た言葉。実際本心だったし。
「別に・・・・何もないよ」
俺に腕を掴まれて下を向いたまま、ボソッと答える雪子の身体は震えてました。
切なくて、愛しくて、守ってやりたいって思いがぶわっと溢れ出て、思わず
抱き締めてしまった。人生初の女子との距離ゼロセンチ。
心臓の鼓動が半端なかった。
そしてミルクのような甘ったるい雪子の匂い。
暫く動く事も出来ずに固まったまま。
そしたら雪子が言ったんだ。「私、そういうの分からない・・・・」てさ。

725 :えっちな18禁さん :2014/09/28(日) 11:40:15.25
コートの上から抱き締めてたんだけど、彼女の身体の震えが半端なくて。
まあ俺も震えてたかもしれないけど。
「お前を大切にする」
確か俺が言った一言。そんな状況でも心のどこかで平静な部分があって、
なんか気のきいた言葉言わなきゃ、とか焦りながら言った言葉なので、
はっきりと覚えていない。
彼女、コクリと微かに頷いてくれたのは分かった。
そこからは無我夢中だった。
焦っちゃいけない、だけど雪子の全てを俺のものにしたい。もっともっと
抱き締めて彼女を感じたい。それだけだった。

726 :えっちな18禁さん :2014/09/28(日) 11:47:08.04
玄関で立ったまま、軽く触れる程度のファーストキス。
その時の彼女の唇の柔らかさは一生忘れないと思う。
コートを脱がせてそのままもう一度抱き締めた。
ダイレクトに彼女の胸の膨らみと、腰の細さを感じて、俺のあそこは
恥ずかしい位に勃起していた。それを隠すためにへっぴり腰で
抱き締めていたと思う。情けない姿かも。

727 :えっちな18禁さん :2014/09/28(日) 11:53:01.29
もう一度部屋に上げて、そのままベッドの上に大切に大切に押し倒した。
分からないなりにキスして服の上から愛撫。恥ずかしがるけど決定的な
抵抗をしない雪子の服を脱がせるのは簡単だった。
電気を消した部屋の中、雪灯りだけの幻想的な雰囲気の中で見る
雪子の身体は綺麗だった。全体的にポッチャリ気味の身体は真っ白で、
初めて見る女性の股間を覆う陰毛が濃かったのが、なんか凄くエロくてね。
夢中過ぎてこの時あそこ以外はあんま見てないんだ。

728 :えっちな18禁さん :2014/09/28(日) 12:04:56.69
彼女が躊躇うのを宥めつつ両脚を開かせ、毛の奥に見えたのは
縦筋一本のみ。割れ目は薄っすらと濡れていた。
人差し指と中指でゆっくり開くようにするとやっと中身が少しだけ見えた。
透明な液体でヌルヌルのそこにゆっくりと指を入れようとした時、
彼女が痛いって言った。慌てて彼女の顔を見ながら謝ると、
「佐藤さんだから、だよ?私・・・・佐藤さんなら・・・・」と涙目で言われた。
もう限界だった。
ゴムなんて持ってなかったから、そのまま繋がった。
入り口から少し入ったところで狭過ぎて凄く抵抗があったけど、
ゆっくりゆっくり前に進めた。
背中に回された彼女の爪先が食い込み始め、両脚が俺の腰に巻き付く。
雪子は只管我慢するような声を漏らしていた。
完全に奥まで繋がり、暫くそのままで余韻に浸っていると、
ペニスが温かいというよりも熱いお湯に包まれるように感覚がした。
明らかに膣の温かさとは違うもの。

729 :えっちな18禁さん :2014/09/28(日) 12:09:27.75
「嬉しい」と言う雪子の目尻には涙が流れていた。
俺は夢中で彼女の唇を貪った。舌を入れると彼女も受け入れてくれた。
お互い舌を吸い合いながら、俺は気が遠くなるほどの幸せを感じていた。
絶対に幸せにする。絶対に離さない。
こんなにも人の事を愛しいと思った事はなかったし、自分がこれ程
人の事を大切に思える事が出来るんだと、ちょっと泣きたくなるほど感動した。
俺は口づけをしながら夢中で腰を振って彼女の奥に射精した。

730 :えっちな18禁さん :2014/09/28(日) 12:13:32.38
膣の中で感じた熱いもの。それは彼女の血液だった。
シーツが赤く染まるほどの血が出ていた。
暫く裸のまま抱き合っていた。出来ればずっとずっとこのままで居たかったけど、
彼女は自宅に戻らなければならない。
「ごはん冷めちゃったね」と笑う彼女を送り出した。
「凄くヒリヒリするけど」彼女はバツが悪そうに笑いながら、「でも佐藤さんと
こうなれて、私幸せだよ」と言って帰っていった。

731 :えっちな18禁さん :2014/09/28(日) 12:28:01.19
翌日から殆ど毎日雪子は俺の部屋に来て、そして抱き合った。
そこの痛みは一週間位続いたみたいだけど、痛みよりも俺と
一つになれることが嬉しいと言ってくれた。
改めて見る彼女の身体は、大きくはないもののお椀型に整った胸、
ポッチャリなのに細く括れた腰、そして何よりも傷やくすみの一切ない
滑らかで真っ白な肌。
俺は彼女と彼女の身体に溺れた。
休みの日は朝から晩まで何度も何度も愛し合った。
朝一番で部屋に来てくれる彼女を挨拶する間も惜しんで抱き締めて、
押し倒して、交わった。窓の外を降りしきる雪を眺めながら愛してると
囁き合い、そして再び交わる。
途中どちらかの携帯が鳴ろうとも、俺達は何かに取り憑かれたように
貪り合い続け、溶け合った。彼女の中、お腹の上、手の中、口の中、
ありとあらゆる所に精をぶちまけた。そして彼女も喜んで受け入れてくれた。
夕暮れ時のどんよりとした雪国の鉛色の空を眺めながら、五度目か
六度目の逢瀬をして俺達の休日は終わる。



737 :えっちな18禁さん :2014/09/28(日) 18:20:15.22
二月の寒い日。確かマイナス20度近かったと思う。
ストーブを焚いた部屋の中で、二人裸のまま窓越しに外を眺めていた。
積もった雪は街の音を吸収し、外を歩いて居ても「無音」であることは珍しくない。
この日もシンシンと音もなく降り続く雪を、ベッドに並んで肩を抱きながら
見上げていると、唐突に雪子が言った。
「四月から会えなくなるかも」
全く意味が分からなかった。
こんなにも愛し合っているのに、何を言っているのか?と。
彼女には事情があったんだよ。



739 :えっちな18禁さん :2014/09/28(日) 18:36:26.58
彼女が進学する直前に両親が離婚したんだ。そして妹は旦那の方に
ついて行って姉妹離れ離れ。
彼女、泣きながら話してくれたんだけど、元父親からの養育費が
不十分らしく、だから彼女は結果として学校辞めて家計を助けてたんだ。
だけど中卒という肩書きは色々な所でマイナスに作用し、それに限界を
感じていた彼女の選択した方法は、定時制の高校に通って高卒の資格を取ること。
勿論、俺は賛成した。
でもね、その定時制高校ってのが隣町なんだよ。隣って言ってもJRで
三十分はかかる距離。日中働いて学校通うためには、どうしてもバイト先を
高校のそばに変えざるを得ないと。

740 :えっちな18禁さん :2014/09/28(日) 18:39:25.07
反対出来るはずが無かった。
俺が彼女の支えになってやれなくてどうするんだって。
今までのように毎日会えなくてもいいって言ったんだ。そしたら雪子がこう言ったんだ。
「貴方は誰かがいつもそばに居てくれないとダメな人でしょ?」
悲しそうな、でも必死に笑顔を作って言うんだよね。
勿論言ったさ、今までみたいに会えなくても隣にいるのが雪子じゃないとダメだ、ってね。
彼女、わんわん泣きながら「私も貴方と離れたくない」て言ってくれて。

741 :えっちな18禁さん :2014/09/28(日) 18:43:43.73
四月に進学するまでの約一ヶ月間、以前にも増して俺達は一緒の時を過ごした。
殆ど彼女は自宅には寝るだけに帰るくらいにさ。
この頃になると彼女の料理の腕も上がっていたし、セックスばかりしてたから
なんて彼女は笑うんだけど、五キロ近く痩せてスマートになっていた。
何故か胸の膨らみはそのままだったのが嬉しかったけど。
バイトが終わったら勉強を教えてあげたりもした。それまでは会っている間は
ずっとセックスばかりしていたのに、しない日もあったり。
兎に角お互いがお互いの事を考えて、相手の為に今何をしたら良いのか、
と言うことを考えて生活していた。

742 :えっちな18禁さん :2014/09/28(日) 18:55:27.22
彼女の入学式にはお母さんと一緒に俺も参加した。お母さんには
何度も何度も感謝された。貴方のおかげで娘が、ってな感じでね。
お母さんに俺の事どういう風に話してるの?って彼女に聞いても
結局教えてくれなかったけど。
お母さんに会ってから俺も変わらなければ、と思った。
兎に角ちゃんとした仕事をしようと思った。
そして夏から町の臨時職員になった。収入はバイトの時とあんま変わらなかったけど。
親にも連絡したんだけど、ちょっと揉めた。何故東京に戻って働かないんだってね。
まあすぐ落ち着いたけど。
雪子は月曜から土曜日まで昼は仕事、夜は学校、それを通学往復一時間
かけての結構大変な生活に突入した。家に着くのは毎日10時過ぎ。
朝、昼、夜のタイミングでメールしたり電話したり。日曜も仕事を入れる日が
あったので、会えるのは月に二回ほど。

743 :えっちな18禁さん :2014/09/28(日) 18:57:18.95
彼女はやっぱ疲れてたのか、会える日はどこにも行きたくないって言ってた。
部屋でゴロゴロしたいって。
勿論というか、二週間ぶりに恋人と会うんだから、することはした。しまくった。
てか、メッチャ濃いセックスばかりしていた。疲れているはずなのに。
だけど、普段離れているせいか、話題もお互い尽きなくてね。
っとずっと話して、そしてドロドロに溶け合って、そしてまた話して、
て感じかな。
同級生に告られた話も何度か聞いたけど、気が気じゃ無かったな。
そんな時はかなり激しく抱くんだけど、それが彼女なりに嬉しいらしく、
わざと俺を嫉妬させるようなことも言ったりしてた。
愛してる、好き、とか歯の浮くような言葉をこの時期は何万回も言い合っていたと思う。
彼女の為なら何だってしたし、彼女も俺の為になんでもしてくれた。
一度朝五時に迎えに来て、と言われた時も喜んで行ったし、いきなり下ネタだけど、
お尻に入れさせて、と言ったら渋々だけど受け入れてくれたりとか。
結局後ろはこの時の一回しかしてないけど。
人の為に、彼女の為に生きている実感がして、本当に楽しい四年間だった。

744 :えっちな18禁さん :2014/09/28(日) 19:07:19.63
さて、あれから五年位経ちます。
雪子は去年高校を卒業し、町役場に就職しました。二年前に臨時から
正職になった俺の後輩になったということ。
そして今彼女のお腹には命が宿っています。勿論、俺達の。
彼女の姓も俺と一緒になり、彼女の母親との三人での生活がこの四月から始まりました。
ちゃんとした式は挙げていません。彼女の意向です。貧乏性が抜けてません(笑)
目下俺の目標は、そんな彼女にウェディングドレスを着せてやること。
子供が一歳の誕生日に式を挙げる予定にしています。先の話ですが、
式場も予約してます(笑)
そしてこの事は彼女に言ってません。
一世一代のサプライズしようかなって、義理の妹と一緒に考えています。

745 :えっちな18禁さん :2014/09/28(日) 19:08:19.23
これでやっと今と繋がりました。
でも、なんかスレチでしたね。本当は彼女とのエロい事書こうと思ったんですけど、
書いてる内に横道に逸れちゃいました。
一日独占してすいませんでした。





2014/10/31(金)
初体験談

| ホーム |
Page Top↑

ランキング

登録しているランキングサイトです。他のサイトへの移動はこちらからどうぞ。
人気ブログランキングへ かうんとだうん☆あだると裏アダルトランキングうらら 人気アダルトサイトトップランキングアダルト・リンク・ランキング 人気アダルトサイトランキングアダルトアダルトブログ(エログ)ランキング アダルト検索&ランキング -@Search
人気アダルトサイトランキング
[登録タグ]萌え / コピペ / 官能小説 / 無料 / アダルト

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

リンク

Ad Link




素人専門無修正動画サイトPinky【ピンキー】
素人専門無修正動画サイトPinky【ピンキー】
素人専門無修正動画サイトPinky【ピンキー】
素人専門無修正動画サイトPinky【ピンキー】

のぞき専門サイト のぞき本舗中村屋
のぞき専門サイト のぞき本舗中村屋
のぞき本舗中村屋
のぞき専門サイト のぞき本舗中村屋
のぞき専門サイト のぞき本舗中村屋
無修正動画サイト エンジェルキス
無修正動画サイト エンジェルキス
無修正動画サイト エンジェルキス


DTIランカー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR